サトミキのハッピー☆カムカム

日記のようなもの
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地元の友人A美とA恵と私の三人で、
日帰り旅行に行ってきました。

今回は、「おひさま」ツアー。※NHK連続テレビ小説
(殆ど観ていませんが・・・)

まずは、大王わさび農場へ。

黒いものに覆われています。
わさび2

この下には・・・

わさび~~~~♪

わさび畑

やっぱり、わさびが育つ場所は、
水がとってもきれいなんですね!!

川

目的のわさびソフト♪
美味しかったですが、もっと辛い方が良かったなぁ~。

わさびソフト

開運洞という穴にも入ってみました。

開運洞

中は特に何もありませんでした(笑)

穴

わさび石像可愛い♪♪

わさび石

ボートも楽しそうだなぁ~。

ボート

お土産にわさびも買いましたよ!
このサイズは800円。

2011082120050002.jpg

すりおろしたものを口に入れると、とても辛いですが、
すぐにスッと抜けて、香りがいいです。

おろしたてのわさびは本当に美味しい!

さて、次はランチ♪

以前から気になっていた舎爐夢ヒュッテが近くにあることを知り、
そこにあるオーガニックレストラン&Cafe シャロムを提案したところ、
二人とも賛同してくれたのでGo!

細道をくねくね・・・こんなところに?!
というような、すごいところにありました。

シャロム

可愛らしい建物の中に入ると、オーガニックグッズや
パン、クッキーなども販売していて、テラス席もあります。

でも、いすが小さい(笑)

シャロムテラス

ピザが残念ながら売り切れてしまい、
三人とも玄米ランチに。

ランチ

セルフサービスの飲み物は、水と野草茶。

玄米ランチも、名前を呼ばれたら自分達で取りに行くスタイルで、
玄米ご飯はおかわり自由です。

長閑な景色に癒され、次はデザート(笑)
お茶元みはら胡蝶庵へ。

胡蝶庵


カフェが込んでいたので、
抹茶白玉パフェを持ち帰りすることに。

パフェが出来るのを待っている間、とろける生大福をお土産に買ったのですが、
店員さんの対応に時間がかかり、こんなにドロドロになっていました・・・。

2011082114560000.jpg

大福を袋に入れるだけなのに、
何故こんなに時間がかかったのですか・・・。

そうえいば、ソフトクリーム二個目だわ(笑)

↓ちなみに、とろける生大福は美味しかったです。

2011082120050000.jpg


続いて松本城へ!

松本城2
松本城

中に入りたかったのですが、
「100分待ち」の表示に断念。

込みすぎ!!

その代わり、太鼓門にいらしたおじさまから
松本は水に恵まれたところで、水巡りを楽しめると、
水巡りマップをいただいたので、その中の一つのコースを行くことに。

1.国宝松本城・北門

  (写真なし)
   
   ↓

2.北門大井戸
  総堀を埋め立てたときの湧きだした水
北門

   ↓

3.かき船(食事処)
  お堀の水がここで見えなくなる
かき船

   ↓

4.松本ホテル花月
  東門の井戸
東門の井戸

   ↓

5.外濠小路
  「上土(あげつち)」の名の由来となった堀の土を上に揚げた場所。
  道の両側に高低差があり趣がある


(よく分からず写真なし)

   ↓

6.縄手横丁
  飲食店街を流れるきれいな水路
ナワテ横丁

水路なんてあったっけ?(笑)

   ↓

7.女鳥羽川

女鳥羽川


【番外編】

辰巳の御庭

辰巳の御庭


かたつむりイス(笑)

カタツムリ

四柱神社の鳥居

四柱神社の鳥居

お参りして帰りました。

二人とも運転ありがとう~~~!!
(ペーパーでスミマセン。)

とても充実した一日でした。


以上。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あぁ、勘違い(>_
「おひとりさま」ツアーだと思ってました(^^;
2011/08/30(火) 20:18:57 | URL | 大 #zFYtqPik[ 編集]
☆コメントありがとうございます☆
>大 さん

ぷ~~(笑)

-MIKI-
2011/08/30(火) 21:09:38 | URL | サトミキ #cb9v.S1Y[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://satomiki.blog29.fc2.com/tb.php/567-d49f0103
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。