サトミキのハッピー☆カムカム

日記のようなもの
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
芸術の秋です!舞台鑑賞です!


9月21日 世田谷パブリックシアター
【ロマンス】
[劇作・脚本]井上ひさし [演出]栗山民也
[出演]大竹しのぶ/松たか子/段田安則/生瀬勝久/井上芳雄/木場勝己


ロシアの作家、チェーホフの生涯を描いた作品です。

実は私、恥ずかしながら
チェーホフさんの事を存じ上げなかったのですが、
この作品を観る事で彼の事を理解しました。


しかも、このお芝居の面白いところは、

少年チェーホフ  井上芳雄さん
青年チェーホフ  生瀬勝久さん
壮年チェーホフ  段田安則さん
晩年チェーホフ  木場勝己さん

と、歳をとる毎に主役が変わっていき、
主役でない時は他の役として出演されるのです。

チェーホフの妹(マリア)役は松たかこさん、
チェーホフの妻(オリガ)役は大竹しのぶさんで固定だったのですが、

大竹さんは、オリガが登場する前のお話では
患者の老婆役や役人の妻役としてても出演されていたのですが、
どの役も魅力的に演じられていました。

やっぱり大竹さんはすごい女優だ!!と思いました!!
特に老婆役はすごく面白かったです!!

最初からいきなり歌から始まり、
途中もちょこちょこ歌が入るのですが、それも良かったです。
松さんの声がとても綺麗で心地よかったです。可愛いし♪

音楽はピアノの生演奏のみ。
それも良かった!

もう一度観たい!!と思いました!!
この舞台が観られて本当に良かったです☆

舞台を思い出しながら
ゆっくりパンフレットを見ようと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://satomiki.blog29.fc2.com/tb.php/135-11e74dcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
映画『硫黄島からの手紙』を見て、その中で「二宮和也」という俳優の演技に引き込まれ、、、この人は一体どういう俳優さんなんだ?と思っていると、嵐というアイドルグループだと最近知りました。グループ名は知っていてもそのメンバーだとは知らず・・。アイドルの演技だと
2007/10/04(木) 09:20:55 | 女優の厳選紹介
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。