サトミキのハッピー☆カムカム

日記のようなもの
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画「パレード」を観ました。


[監督][脚本]行定勲
[原作]吉田修一
[出演]藤原竜也/香里奈/貫地谷しほり/林遣都/小出恵介 他
(※敬称略)


前売券1500円で買ったのに、
1200円で観られるレイトショーの時間帯に観るなんて損した気分~。

…と思いましたが、
映画が面白かったので満足です☆

東京でルームシェアして暮らす若者たちのお話。
日常生活を淡々と描いているのですが、
役者の自然体な演技がリアルで引き込まれました。

小出恵介さんと貫地谷しほりさんのやりとりが好き。

香里奈さんと林遣都さんのキャラも面白い。

あと、藤原達也さんのあからさまな尾行のシーンが笑えるし、
ラストシーンはさすが!


ニヤッと笑ってしまう要素と恐怖感が絶妙でした。



第60回ベルリン国際映画祭
国際批評家連盟賞受賞おめでとうございます。
スポンサーサイト
先月はほとんど映画館に行けず、
「アバター」以来の映画館。


Eちゃんとお子ちゃまで動物園に行く予定でしたが、
お子ちゃまが幼稚園の行事で来られなくなったので、
二人で和食ランチの後、新宿ピカデリーへ。


NINEを観ました。

フェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」のミュージカル版「ナイン」を、
ロブ・マーシャル監督が映画化した作品で、
スランプに陥った映画監督のグイドと美女達のお話。

ダメ男なのに複数の女性にモテモテ!!
きっと男性にとっては羨ましい環境ですよね。


グイドの妻役のマリオン・コティヤールが
可愛いくて可愛くて!!

短めの前髪とキュッとアップにしたヘアが似合う!

演技もいいし、惚れ惚れ~~



セクシーなペネロペ・クルス他、キャストがみんな素敵でした!!

ミュージカルシーンでは、露出の多い衣装なのに
いやらしさを感じさせず、セクシーでかっこいい!

非日常の世界を楽しませていただきました。

プログラムも買っちゃいました。


グイドグイド~~という歌が耳から離れない・・・
「シネマ・イタリアーノ」by ケイト・ハドソン
20100328114207



ライオンキングを初めて観たのは3年前。

私の誕生日祝いにと、
Mちゃんに連れて行ってもらいました。


そして、今回二回目の鑑賞は、
女子5人+N子の旦那様というプチ団体にて。

N子と旦那様はこのために新潟から上京。

しかも、N子の結婚&妊娠をその時に知って
びっくりなんですけど・・・!!
妊娠6ヶ月にして事後報告かい。

家が近かったので、小学校~高校と登下校を共にし、
バイトも同じで一番長く過ごしたはずなのに!!
シクシク・・・




さて、二回目のライオンキングでしたが、
前回は後列の席だったので、全体を見渡す事ができ、
今回はかなり前列だったので、細かい部分まで観られて、
また違った楽しみ方ができました。


ラストシーン、いいわ~~♪
シンバに惚れる(笑)


でも、前回観たシンバの方がキュン度は高かったような。


しかし女子みんな、シンバに惚れ過ぎー。


ナラ役の女性と付き合っているんじゃないかとか
勝手な妄想で悲しんだりして盛り上がってるし(笑)



N子と旦那様は新潟に帰るためお別れし、
女子4人で沖縄料理のお店で食事。


まぁ、女が集まると話が尽きないですねー。


あ~楽しかった☆
実家から荷物が届きました。


その中のひとつ↓
ポン菓子

これに、母からの手紙が
セロハンテープで貼ってありました。

母からの手紙

袋が黄色いので何か入ってるようですが

中身は白い米です

黄色素は入っていません

自家制です(小林さんっていう人の)



恐らく私と妹が、着色料の入った食べ物を口にしないため、
入っていないから大丈夫だと言いたいのだと思いますが・・・
何か変な文章ですねww


ちなみに、「中身は白い米です」と書いてありますが、
白い米ではなく、ぽん菓子(駄菓子のにんじん)でした。

まぁ、白い米から出来ていますけどね。


そして、

×自家制
○自家製 

ですね。



っていうか・・・


「小林さんっていう人」って言われても
どなたなんだかねぇ(笑)
先日、村橋明郎監督の作品
映画「育子からの手紙」を試写会にて観せていただきました。

実は、完成披露試写会の際は時間が無く、
作品を観ないまま司会をやらせていただいたため、
今回初めて観るのです。


上映前にフィルム・クレッセントの相澤さんと
村橋監督からの挨拶がありましたが・・・

完成披露試写会の舞台挨拶の時と比べて
監督の挨拶が上手くなっている!!


「何度もやってると慣れてくるね」 by村橋監督


やっぱり経験の数だけ身になるのですね!

スーツ姿で落ち着いて挨拶する監督が
とってもダンディでした☆



さてさて、映画の感想ですが、

いっぱい泣いてしまいました・・・。

ずっと泣いていたかもしれません・・・。


難病と前向きに戦う育子ちゃんと、
一緒に戦い、見守る両親の思いが伝わり、
つい涙してしまいました。

そして、原日出子さん演じる喜美子さんが素敵でした。
(途中、なぜか自分の母に見えてきたのですが)

育子ちゃんと喜美子さんで手紙のやりとりが始まるのですが、
育子ちゃんの最後の手紙がまた泣けます・・・!

泣きっぱなしだったのですが、悲しい気持ちの涙ではなく、
私も前向きに頑張ろうという気持ちになりました。

健康であること、生きていることに感謝すると共に、
家族の大切さを改めて感じさせてくれた映画でした。

文部科学省特別選定作品(少年・青年・家庭向)
文部科学省選定作品(成人向)


になっているそうです。


もちろん、映画館(角川シネマ新宿)にも
ちゃんと観に行きますよ!!


公開は4/17(土)~です♪


おススメ映画サイトシネマトゥデイさんより


シネマトゥデイ 映画情報 「育子からの手紙」

映画「育子からの手紙」オフィシャルサイト

角川シネマ新宿 作品情報 「育子からの手紙」
〔Champagne〕のライブに行って参りました。
(↑シャンペイン)

実は、先月行われたタワーレコード新宿店での
インストアライブにも行っているんですよね~。

ticket.jpg

〔Champagne〕"Where's My Potato?" releaseTOUR

会場: 下北沢SHELTER

出演: 〔Champagne〕
     GLORY HILL




東名阪ツアーのファイナルということで、
盛り上がっていました。

若者の熱気がすごい!!


ちなみに、SHELTERに来るのは約10年振りです。

小さなハコでのライブは、かなり久し振りで、
青春時代のイタい自分を思い出して懐かしい(笑)


どうでもいい話ですが、
GLORY HILLさんの演奏中にいきなり登場した
アフロヘアーのスタッフさんが私の中でツボでした。

お客さんがダイブをしてステージに向かって転がって行くところに、
ステージ上からササッと普通に登場して来て、
無表情でダイブしてる人を転がし返すんですもの!!


スタッフのお兄さん


ダイブしている人をスタッフさんが
引き上げるところはよく見かけますが・・・

「転がし返すんかいっ!!」

と、ちょっと笑えてしまって。
しかもアフロだしww


まぁ、客席とステージの間がほとんどないので
そうするしかないのですけどね。

(ネタにしてスミマセン。)


両バンドともに若いパワーをもらいました。
若い男子はええのぅ。




ちなみに、ライブ前にふらっと入った
カフェがいい雰囲気で良かったです♪♪

cafe.jpg

「カフェ・ス・ノン」という、コンデンスミルクが入ったグラスに
ベトナムのコーヒーを落として飲むものを注文したのですが、
濃くてまろやかで美味☆

かぼちゃプリンも手作りらしい優しい味で
美味しかったです♪


下北楽しい~~

もう少し早く行って散策すれば良かったわー
千駄木ブラック公演vol.1

全公演、満席にて終了いたしました。

ご来場いただきました皆様、
有難うございました!!



千穐楽にて「大入」いただきました~~~♪
(オトナじゃないよ)

大入袋


関係者の皆様、大変お世話になりました。

またお会いしましょう!!


せんだぎちゃんの生態日誌
毎年、私と妹の誕生日が来ると、
おばあちゃんから手紙と共に現金一万円が届きます。
(どちらかの誕生日でも、私と妹、二人共にくれます。)


現金ありがたや。


先日、妹の誕生日だったのですが、
今年もおばあちゃんから
たんじょび あめでとうの手紙が届きました。






たまたま間違えただけかと思いきや、
毎回「たんじょび あめでとう」なのです(笑)


そして、「さようなら」で締められます。






「さようなら」って、ちょっと悲しいんですけど…。


妹よ、「からだにきよつけて」ね(笑)


いつもありがとう!おばあちゃん!




…じゃなかった




おばちゃん?!






若返っとる!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。